博士課程卒業後の進路について迷っていたら読んでください


最近は、博士課程が終わったあとどうするかについて考えるようになりました。

D3になり、ちゃんとしている人はもう進路を決めてフェローシップや企業に応募しています。

しかし僕はまだ研究をまとめることで精一杯で先を考える余裕がありません。

でもいくらなんでも博士課程修了一年前にして方向性もわからないというのはまずいと思い、博士課程のあとを考えておこうという気持ちが沸きあがってきました。


そんな中、仕事の選び方に関する神記事を読みました。


waitbutwhyというブログを運営しているTim Urbanの書いた記事です。



将来のことで悩んでいる方は是非目を通してみてください。
(注:彼のブログの記事は短い本くらい長いです)


その記事の影響もあり、自分の欲求、そして仕事から得たいモノについてもうちょっと深く考えてみることにしました。


まずTimは自分の欲求と向き合うことを勧めています。



Timによると5種類の欲求があります:

1.Personal (自己表現、アイデンティティ、情熱など)

2.Social (優越感、感謝されること、ステータス、リスペクト、名誉など)

3.Lifestyle (自由、ワークライフバランスなど)

4.Moral (世の中への貢献、未来への貢献など)

5.Practical(安全、衣住食、お金)


この5つの欲求から人は仕事を選ぶのだそうです。


これまでにやりたいと思った仕事を振り返ると、自分はどのような欲求が強いのかを探ることができます。



僕がこれまでにやりたいと思った仕事:

  • プロバスケ選手
    • なりたいと思った理由:バスケ大好き。名誉。
    • なっていない理由:背が小さすぎ。現実的になれそうではない。


  • 国立公園の管理人
    • なりたいと思った理由:未来への貢献。感謝されたい。自然大好き。
    • なっていない理由:実際どのような仕事なのかわからない。あまり自己表現できない。

  • ポーカープレーヤー
    • なりたいと思った理由:名誉。お金。勝負の楽しさ。
    • なっていない理由:リスクが怖い。社会のためになれない。

  • 通訳者
    • なりたいと思った理由:お金。自分のスキルを活かせる。
    • やめた理由:自己表現できなかった。自分の意見を言えなかった。

  •  翻訳者
    • なりたいと思った理由:お金。自由。ワークライフバランス。自分のスキルを活かせる。
    • やめた理由:自己表現できなかった。自分のメッセージを書けなかった。

  •  英語の先生
    • なりたいと思った理由:未来への貢献。リスペクト。教えるのが好き。
    • やめた理由:自分の夢を探したくなった。

  •  知的障害児の先生
    • なりたいと思った理由:未来へ貢献。社会へ貢献。リスペクト。教えるのが好き。
    •  やめた理由:自分の夢を探したくなった。

  •  獣医
    • なりたいと思った理由:リスペクト。動物に対する愛。
    • なっていない理由:動物と遊ぶ仕事ではない。暗記が不得意。大学の成績があまり良くなかった。

  •  作家
    • なりたいと思った理由:名誉。自己表現。自由。
    • なっていない理由:何について書くか決まっていない。人のためになるのかわからない。

  •  研究者
    • なりたいと思った理由:リスペクト。自己表現。社会へ貢献。


このように見返すと僕の場合、仕事をしてみたくなる理由は「リスペクト」が多く、仕事をやめたくなる理由は「自己表現ができない」ということが多いような気がします。


それではまずはリスペクトについて深堀りしてみよう。



この欲求はどのようにして僕の中に埋め込まれたのだろう?

おそらくリスペクトを求めていた状況にいたからだと思う。

アメリカ社会で生きるマイノリティーとして、どうすれば受け入れてもらえるのだろうと常に考えていたような気がする。


なぜリスペクトを求めているのか?

自分がすごいということを友達や家族に見せたいから。


なぜ友達や家族にすごいと思われたいのか?

すごくないと友達でいてくれない、愛されないと思っているから。


それは本当なのか?

本当ではない。家族や本当の友達は僕がすごくなくても愛してくれるはず。


ではそれ以外にリスペクトを求める理由はあるか?

自分がすごいほうが自分を受け入れられるようになれるから。


今もリスペクトを求めることが自分のためか?

おそらくそうではない。。。

等身大の自分を受け入れられるようにすることが重要なのかもしれない。

リスペクトに対する欲求が強すぎて、他にもっと優先するべき欲求がブロックされているような気がします。


次に自己表現について深彫りしてみよう。



この欲求はどのようにして僕の中に埋め込まれたのだろう?

おそらく自分が得意なものをする楽しさを求めているのだと思う。

小さいころはスポーツが好きで、それが自己表現の欲求を満たしていた。

しかし仕事としてスポーツはできないし、趣味としてのスポーツから得られる自己表現は限られている。


なぜ自己表現を求めているのか?

自分の得意なことをしたいから。


なぜ得意なことをしたい?

自分が得意なことをすると自分のことを肯定的に思えるから。


なぜ自分のことを肯定的に思いたい?

自分のことを好きになりたい。自分のことを受け入れたい。


自分のことを受け入れるには自己表現しかないのか?

自己表現以外にも自分を受け入れる方法はある。


自己表現を求めることは自分のためになるのか?

おそらく自己表現を求めることは良いことだと思う。

しかし仕事で自己表現欲求を完全に満たそうとしなくても良いのかもしれない。

趣味や副業、ブログなどでも自己表現欲求はいくらか満たせる。

自己表現できる場を増やすことが大切なのかもしれない。


それでは今自分にとって最も優先するべき欲求はなんだろう?


Timは自分の欲求をランク付けすることをおすすめしています。

Timは欲求のランクを棚みたいに捉えていて、一番上の棚に最優先すべき欲求を置き、一番下の棚に可能であれば満たす欲求を置くことを勧めています。

そして、ゴミ箱には無視したほうが良い欲求を入れることが大切らしいです。


僕もいろいろな欲求をランクしてみました。(まだ最優先するべき欲求は分からないですが)

Non-negotiable bowl(最優先する欲求): 

Top Shelf(優先する欲求):  自己表現。自由。社会へ貢献。

Middle Shelf(完全に無視してはいけない欲求):  リスペクト。未来へ貢献。衣住食。

Bottom Shelf(可能であれば満たす欲求): お金

Trash(無視したほうが良い欲求): 名誉。



今目指している研究者という仕事は自分の優先すべき欲求を満たせるのか?


答えはYESだ。

自己表現、自由、そして社会へ貢献する可能性もある。


それでは企業とポスドク、どちらが僕の欲求を満たせるのだろう?


自己表現、自由、社会へ貢献の3項目でポスドクと企業を比べてみました。


自己表現

ポスドク > 企業

おそらく自分のプロジェクトを決めやすいのは自由度の高いアカデミアのラボへ行くこと。

企業だとやはり企業の方針や利益に繋がるものに縛られそう。

しかし自分の理念とマッチする企業が見つかれば企業でもOK


自由

ポスドク > 企業

これはボスにかなりよると思いますが、働き方に関してもアカデミアの方が規制が少ないような気がします。

しかし自由度がほとんどないラボもあるので注意が必要。


社会へ貢献

企業 > ポスドク

おそらく企業のほうが社会への貢献に繋がりやすい。そのノウハウやパイプラインも確立されている。

これを学ぶために企業に行くことも有意義かもしれない。


まとめ


次のポジションでは、自分でプロジェクトの方向性を影響でき、働く時間も比較的融通が効き、将来的に社会に貢献できるところを探すべきなのだと思う。

それはおそらくポスドクとしてのほうが見つけやすそうだが、企業でもそのようなチャンスがあれば見逃さないようにしたい。

そして、研究者としての仕事が自分の全ての欲求を満たせる訳ではない。

研究者として働きながらブログもできるし、他の副業や趣味、ボランティアもできる。研究で満たすことができない欲求は他のアクティビティで満たせばいい。

自分にどのような欲求があり、どの欲求を満たすべき、そしてどの欲求を無視すべきなのかを考えると、どのような仕事にチャレンジしてみるかを見極めるヒントになるかもしれません。

これからの進路について悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。


0 件のコメント :

コメントを投稿