「研究に向いてない」と思ったら読んでください


最近はあまり進まない実験、博士課程同期のハイレベルな発表、そして教授とのコミュニケーションのズレからメンタルが良くない方向に向かってしまいました。

そういう隙を待っていたかのように頭をよぎるのがこの言葉。。。





「俺って、研究者に向いてないんじゃね?」


まだ筆頭著者としての論文が無い人(僕もそのうちの一人)や、自分が理想としている研究者像とのギャップを感じている人は、「自分が研究に向いているのだろうか?」という疑問が頭を離れないときもあるのではないでしょうか。


大学院中にファーストオーサーで論文をバンバン掲載、30代前半でNature, Science, Cellに投稿し彗星の如く若手PIに昇進する研究者に向いている人たちをわき目に、その世界の入り口さえ自分だけが見つけられず、あたふたと入り口を探しているような感覚です。


自分が「研究に向いてない」という思いがよぎったとき、それは研究に対する思いを整理する良い機会かもしれません。






その思いは弱音なのか? 心の叫びなのか?


「研究に向いてない」という言葉が心に浮かんだ時、頭の中で起こっていることは何でしょう?

研究で成果が出なくて疲れたからメンタルが弱って、心の隙間から出た弱音なのでしょうか?

それとも本当は「研究をやりたくない」、「もうこんなことしたくない!」という心の叫びなのでしょうか?

自分の中で二つのうち、どっちなのかを見極めることが重要だと思います。


弱音なら研究を続けるべき、心の叫びなら新たな一歩を踏み出すタイミングなのかもしれません。



自分の場合は弱音だと思う



おそらく僕の場合は弱音です。

なんとなく弱音だと解る理由は以前、自分の心の叫びを聞いたことがあるからです。

そして今回の「研究に向いてない」という思いは心の叫びではないように思います。



心の叫びが聞こえたとき


僕は大学時代には研究の魅力を感じず、大学卒業後は英語を教えていました。

幼少期から大学卒業までアメリカに住んでいたので、英語は職探しの武器になりました。

大学時代に自分のやりたいことが見つからず、アメリカ社会に自分の性格が合わず、溶け込もうとするのにも疲れ、どこか違うところに行きたくなりました。



そこで一番行きやすい場所が日本でした。

日本で夏休みを過ごしたこともあったので、一人でなんとか生き延びられるだろうと思い、日本で働くすべを探しました。


そこで見つかったのが英語を教える仕事でした。


英語を教える仕事は楽しかったのですが、一生やりたいという気持ちにはなれませんでした

最初はこの気持ちを無視して強引にがんばろうとしましたが、「なんか違う」という心の叫びがだんだん大きく聞こえるようになりました。

じっくり考えるにつれ、心の叫びを聞き取り、仕事を辞める決意に繋げることができました。



心の叫びを聞き取り、新しい一歩を踏み出した


英語を教える仕事をあきらめると同時になんとなく研究に挑戦してみたいという気持ちが芽生えました。

研究に携わるいろんな種類の仕事に応募し、幸いある研究室から技術員として雇ってもらえました。

技術員として働くうちに、研究室の医学系テーマに魅力を感じ、研究者、研究職を目指したいと思うようになりました。

回り道をして、研究とは関係ない仕事をしたからこそ、研究をする意義と深く繋がることができたと思います。

しかしそれでも「自分は研究者に向いていない」と感じることはたくさんあり、研究が楽しくないときもあります。

なので、自分の心の整理をしながら研究者として成長することを目指しています。


今思うと、英語の先生をしていたころに自分の心の叫びを聞き取ることができて良かったと思っています。




弱音と心の叫びを聞き分けるための3つのクエスチョン


では、「研究に向いてない」という思いは弱音なのか、心の叫びなのか、を紐解くためのクエスチョンを3つ考えてみました。



1.研究を始めたばかりですか?


2.研究をする意義を感じていますか?


3.楽しそうに研究をしている同僚はいますか?



それでは一つずつ考えてみましょう。




1.研究を始めたばかりですか?



もしあなたが研究を始めたばかりであれば、まだ研究者としての向き不向きはわからないはずですよね。

将棋を始めたばかりの人がうまいはずがないのと一緒で、研究を始めたばかりの人はほとんどの場合、研究を難しく感じ、うまくいかない状況が続くと思います。

なのでこの難しさで「研究をやめたい」、「研究者になるのを諦めたい」と思うのはまだ早いように思います。

研究が好きで、まだ研究を始めたばかりなのであれば、「研究に向いてない」と思うより、自分なりの戦い方を身に着けることが大切だと思います。

世の中の成功者は早咲きもいれば遅咲きもいます。仮説ドリブンでゴリゴリ研究する人物もいれば、探索的にコツコツ研究を重ね、大村智先生(2015ノーベル生理学・医学賞)のように大発見をした人物もいます。

とりあえずは研究者に向いていると思う人や尊敬する先輩の真似をしてみてもいいですし、自分がシンパシーを感じる様々な研究者のタイプについて調べてみても良いと思います。


研究生活の日記をつけておくのも良いかもしれません。日記をつけることにより客観的に研究者としての成長を振り返ることができると思います。




2.研究をする意義を感じていますか?



もしも研究をする意義を強く感じているのであれば、あきらめるのはもったいないと思います。

なんとか研究者としてのスキルアップを試み、意義があると思う仕事に出会えたことを大切にするべきだと思います。

真剣に向き合っているからこそ、早く成長したいという思いが強くなり、その理想に追いついていない自分のことを「研究に向いてない」と思うのかもしれません。

この場合、本当に研究能力がまだ未完成なのかもしれませんし、ただ自分に厳しすぎるのかもしれません。


そういうときはどんなに小さくても研究での成功体験を思い出して自信をつけていくしかないように思います。

周りの人とはできるだけ比べないようにして、自分は自分のレースを走っていると思い込むようにすれば心が楽になるかもしれません。

どんな時もうまく行くということは研究者でなくとも、人生ではいくらでも出てきます。

そういう時は自分を勇気づけてくれる本や映画を見つけると心の支えになるかもしれません。

先人たちの知恵を遠慮なく借りて前に進む力を貰いましょう。



3.楽しそうに研究をしている同僚はいますか?



もしも研究室でほぼ全員がどんよりと研究をしているのであれば、そもそも問題は研究室にあるのかもしれません

「この研究室、この研究スタイルに向いていない」と「研究に向いてない」を勘違いしていませんか?

もしかしたら、「研究室を変えたい」という心の叫びが聞こえているのかもしれません。



環境を変えることによって研究がまた好きになれるかもしれません。

違うラボに移れそうな状況であれば、踏み出してみてはどうでしょうか。



上記3パターンに当てはまらない場合は心の叫びかも?


それでは研究を始めたばかりではない方、研究の意義を感じられない方、良い研究環境の中でも研究の楽しさを感じられない方はどうでしょう。

こういう方はもしかしたら心の叫びが聞こえているのかもしれません。



あなたが仕事から得たいモノを「研究」は提供できていないのではないでしょうか。

コミュニケーションが上手な人や体を動かすのが好きな人は、研究室にこもって作業をすることを苦しく感じているのかもしれません。



このように感じる方は違う仕事に手を出してみると良いかもしれません(アルバイト、副業、ボランティアなど)。

他の仕事を試してみて心に響くかどうかを感じ取ることができれば、どういう仕事が自分に合うのかを見極めることができるのではないでしょうか。

そもんずさんの「好きなことを仕事にしよう」のワナにハマらない方法を読むと次に取るステップのインスピレーションになるかもしれません。


あなたにとって「研究者に向いていない」という思いは弱音でしょうか、心の叫びでしょうか?




「研究に向いてない」という思いが頭をよぎった時はあっさり片付けず、その思いと向き合ってみてはどうでしょうか。

自分の心の声を聞き取るためのきっかけになるかもしれません。



今回はカメの投稿でした~。





研究者として少しずつ成長したいと思っている人に読んでほしい記事:
焦ったときに研究から逃げないための対策6つ


関連記事:
研究が進まないときに見直すべき2つのこと

読んで良かった、研究者におすすめの本5冊:研究スタイル別

研究やる気が出ないあなたへ。博士課程を乗り切りたい人へのエール。


ちょっとした息抜きの記事:
研究室のちょっと笑えるエピソード:僕が神様に祈るようになった話


0 件のコメント :

コメントを投稿