あなたの研究スタイルは何型?研究する理由から推測できる5つの研究スタイル

あなたななぜ研究をしているのですか?

実験の山に埋もれているとなぜ研究をしているのかを忘れてしまうこともありますよね。

しかしこの理由をはっきりさせる、もしくは再確認すると研究のモチベーションにもつながると思います。

「なぜ?」を掘り下げていくと自分の一番深いところにあるモチベーションが見つかるのではないでしょうか。

僕が、なぜ研究しているの?と聞かれたら、
「楽しいから」です。

なぜ楽しいの?
「新しいモノを発見できるから」

なぜ新しいモノを発見したいの?
「新しいモノを発見できたら人のためになるかもしれないから」

なぜ人のためになることをしたいの?
ここで僕はこれ以上深くいけなくなってしまいます。

おそらくこれが僕の一番深いモチベーションなのだと思います。

他の研究者は新しいモノを発見する知的好奇心が一番深いところだという人も多いと思います。
これは人それぞれですよね。

自分の「型」を自覚できれば研究以外の分野でも模範となる人が見つかるかもしれません。

そこで一番深いモチベーションによる研究者の「型」を考えてみました。

5つの項目(競争心、独創性、知的好奇心、ストーリー作り、サービス精神)についても1-5で通信簿的に評価しています(1が低い、5が高い)。

競争心:多くの競争相手の中で一番になりたい気持ち

独創性:自分だけのオリジナルな研究をしたい意欲

知的好奇心:何かのためになるとは関係なく、ただ真実を知りたいという気持ち

ストーリー作り:独自の世界観をもとに発見したモノを伝えようとする意欲

サービス精神:誰かや何かのために研究をする気持ち



それでは5つの研究スタイルはこんな感じです!

1.探検家型
  • 一番深い目的:新しい何かを見つけたい
  • 競争心:3
  • 独創性5
  • 知的好奇心5
  • ストーリー作り:3
  • サービス精神:2
  • コメント:典型的な研究者。自然界や宇宙の現象を理解したいという気持ちが強い。

2.発明家型
  • 一番深い目的:新しい何かを創りたい
  • 競争心:3
  • 独創性5
  • 知的好奇心:4
  • ストーリー作り:2
  • サービス精神:4
  • コメント:新しい技術を創るのが好きな人。ある現象を説明するモデルを創るのが好きな人にも当てはまる。

3.ビジネスマン型
  • 一番深い目的:人間に価値のあるものを提供したい
  • 競争心:4
  • 独創性:3
  • 知的好奇心:2
  • ストーリー作り:4
  • サービス精神5
  • コメント:企業と共同研究している人やお医者さんに当てはまる。研究するなら人のためになる研究がしたいという人。

4.アスリート型
  • 一番深い目的:一番になりたい
  • 競争心5
  • 独創性:2
  • 知的好奇心:3
  • ストーリー作り:4
  • サービス精神:4
  • コメント:研究の中で起きる競争を楽しんでいる人。注目を浴びている研究テーマに向かっていく。

5.クリエイティブ型
  • 一番深い目的:独自の世界観を創りたい
  • 競争心:2
  • 独創性5
  • 知的好奇心:4
  • ストーリー作り5
  • サービス精神:3
  • コメント:独自の仮説や発見した分子を中心に研究を広げていく。



あてはまる「型」はありましたか?

すっぽりはまる型があったという人もいれば、二つの型のコンビネーションという人もいるのではないでしょうか。

アスリート的な探検家型やビジネスマン的な発明家型もいるかもしれないですね。

自分はビジネスマン型だと感じており、ビジネスでの成功術を研究スタイルに取り入れようと試みています。

型がわかれば自分の研究スタイルを築く基盤になるかもしれませんね。

みなさんも研究の「型」を意識してみてはどうでしょうか。
研究をする理由とより強くつながることができるかもしれません。





○おまけ○
探検家型例:利根川進(獲得免疫のメカニズム解明、ノーベル賞受賞、脳科学の分野に転向)



発明家型例:フレッド・サンガー(タンパク、DNAシークエンス技術開発、ノーベル賞2回受賞)



ビジネスマン型例:山中信弥(iPS細胞開発、ノーベル賞受賞、難病の治療法開発)



アスリート型例:ジェームス・ワトソン、フランシス・クリック(DNAの分子構造解明、ノーベル賞受賞)

0 件のコメント :

コメントを投稿