ポスドク国内海外フェローシップまとめ

(2018年4月作成)


ポスドクフェローシップのメジャーどころをまとめてみました。海外学振を初めとする超有名なものから、アメリカやヨーロッパが母体のフェローシップもまとめています。これからも新しいフェローシップを見つけ次第、更新します。



情報ミスには気をつけていますが、年度によって情報が変わることもあるので、気になるフェローシップがあれば、ご自身で確認お願いします。

  • フェローシップ名
    • リンク
    • 期間
    • 応募締め切り(2018年)
    • 採択率(2018年)
    • 採択者数(2018年)
    • 給料(2018年)
    • ベネフィット(2018年)


日本

  • 学振PD



  • 理研 基礎科学特別研究員

    • http://www.riken.jp/careers/programs/spdr/career2019/
    • 3年
    • 4月19日
    • 60名程度
    • 給与は、年俸制で487,000円/月(社会保険料、税込み)、その他、通勤手当(実費、上限55,000円/月)
    • 住宅手当(家賃の一部)の支給あり。
    • 赴任旅費(当研究所規程に基づく)の支給あり。
    • 理研共済会(互助組織)に入会(理研共済会規約による)。
    • 休日は、土日、祝日、年末年始(12/29-1/3)、当研究所設立記念日。
    • 研究費は、1,000,000円/年

海外



  • HFSP Long Term Fellowship



ヨーロッパ

  • Marie Curie Actions Individual Fellowship 
    • http://ec.europa.eu/research/mariecurieactions/actions/individual-fellowships_en
    • 3 years
    • ~10%
    • September 12
    • 4,650 EUR/month; 55,800 EUR/year
    • Mobility allowance:  600 EUR per month
    • Family allowance: 500 EUR per month

  • EMBO Long Term Fellowship


ドイツ

  • Humboldt foundation



アメリカ

  • Helen Hay Whitney Foundation Fellowship


  • Jane Coffin Childs Fellowship


  • Life Sciences Research Foundation Fellowship



オーストラリア



企業ポスドク




  • Genentech



  • Roche






ポスドク公募サイト





ポスドクの後を見据えて

  • 卓越研究員事業 



  • Junior Research Group Leader (Max Planck Society)



0 件のコメント :

コメントを投稿